メタボな尺岩魚

JUGEMテーマ:渓流釣り

 

名古屋市南区で、まつげエクステ、レディースシェービング&エステ<嫁担当>、理容店を営んでいます、ヘアーサロンハヤカワです。

 

このブログを書いている今も地獄のように暑い名古屋!!

 

本当にどうにかならないものかねぇ・・・

 

 

緑、萌える木曽は本当に涼しい。

 

 

後半に来てようやくキープサイズが上がるも、そろそろ川の終点に。

 

 

上の写真みたいな水深30cm程、水流もほとんど無いポイントに何の気もなしに餌を投入すると・・・・

 

・・・・すーーーーっと、かなりデカい魚影が横切って行った!!!

 

??????っえ???嘘だろ・・・凄くデカかったぞ・・・しかも餌を喰っていったような・・・・

 

半信半疑で竿を立てると・・・・おおおおおおおお!!!凄い引きだ!!!!!

 

ヤバイ!!!糸が切れる!!!!魚は中々浮いてこない!!!水深は30cm程なのに!!

 

時間にして1〜2分位か、何とか魚の力をいなして弱冠無理やり引きずり出す。

 

いょっし!!!!あとは手掴みだ!!!!

 

 

!!!!うははははははははは、32cmの尺岩魚!!!仕留めたった!!!!!

 

この写真、尺岩魚後方の水溜りみたいなところから飛び出してきた。

 

しかし、丸々と肥え太っているな。

 

しかも、こいつ、よく見ると完全に放流魚だ。

 

????こんな源流の最上部までどうやって遡上してきたのだろう?????

 

 

しかしメタボな岩魚だな。

 

キズだらけのボディといい、丸みを帯びた尾びれの小ささといい、うん、養殖だな。

 

本当に不思議だ・・・先月の大雨で増水したからと言っても、こんな所まで登ってこれるものなのかなぁ・・・

 

 

 

この川の最下流で釣り上げた天然岩魚。

 

尾びれが凄くデカくて立派な上、ひれ先端がピンと尖っている。

 

その他のひれも、このボディサイズなのに立派だ。

 

そして全体的にシャープだ。

 

 

面構えは非常に良い!!

 

なにはともあれ、滅茶苦茶嬉しい。

 

早速の尺上岩魚にご機嫌の俺。

 

実はこの川の最上部は二又に分かれている。

 

その、分かれている良い方を冬頭社長が譲ってくれたのだ。

 

 

有難うございます。社長!!!

 

 

ご機嫌で林道を下っていると・・・・!!!!土砂崩れの跡が!!!!

 

 

おおおおお・・・・・長さ50m程、幅10m程に渡って土砂が崩れている。

 

自然はたくさんの恩恵も与えてくれるが、時には脅威ともなる。

 

常に感謝と畏敬の念を抱かなくては、ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category:渓流釣り comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH